借金返済への道 【 A氏の決断 】 実録版

■ A氏との会話・・・ 

 ◇(私)・・ ちょっと、お話しを聞きましたが、大変でしたね。  

 ◆(A氏)・・ いやぁ〜 若気のいたりというか、身から出たサビ、
          バカなことを、繰り返してきました。

 ◇(私)・・ 現在(2008年5月)、残債は、どの位、あるんですか?

 ◆(A氏)・・ 420万位です。

 ◇(私)・・ 弁護士に、相談をされようと思った、きっかけは・・

 ◆(A氏)・・ 今回、親の年金で、まとまったお金が、入りそうなんです。
          この機会に、借金を、終らせたいと思ったんです。

         しかし、全部を完済するまでのお金は、入らない。

         何とかならないか・・ と思ったのが、きっかけです。

 ◇(私)・・ ネットで、調べたとか・・

 ◆(A氏)・・ え々、女房(まだ籍は入っていない)の持っていた、ノートパソコンで、
          借金 返済・・ と、調べてみたんです。

         そこで出てきた、あるサイトで、【過払い請求】というのが、
          あることを知ったんです。

 ◇(私)・・ 過払い請求って、なんですか?

 ◆(A氏)・・ いや〜、私も、よく判らないんですが・・ 

       (メモを見て)

         利息制限法って、法律では、
          借入額が、100万以上は、15%、それ以下は、18%
          10万未満の場合は、20%と、決められている。

         しかし、出資法では、29.2%までは、いいらしいんです。

         そこでカード会社等は、この29.2%までの範囲の中で、
          その会社の利息を決め、貸し出しをしているんです。

 ◇(私)・・ それは、法律違反ということですか?

 ◆(A氏)・・ いや、違反でもないし、また、罰則規定もないはずです。

         だから、グレーゾーンとも呼ぶのでしょう。

**********《《 補足説明 》》**********

 ■ 利息制限法では、その上限を超えて支払った利息については、
     それが、債務者の自由意志で支払ったと認められる場合には、
     出資法の上限金利(29.2%)までは、
     合法と認めるという、例外規定を定めています。

     これを《 みなし弁済 》規定といいます。

     ただし、この例外規定が認められるには、かなり厳密な条件があり、
     消費者金融、商工ローンなどの、ほとんどのケースは、
     これが適用されることが認められない。

     つまり、裁判を行えば、違法とされるケースがほとんどです。

***************************

 ◆(A氏)・・ 多く払いすぎている分を、返して欲しいと、
          請求するのが、過払い請求ということです。

 ◇(私)・・ 弁護士さんには、いつお会いするのですか?

 ◆(A氏)・・ 週末の約束をしました。

 ◇(私)・・ その時のお話しを、また、聞かせて下さい。

 ◆(A氏)・・ 何かの役に立つのであれば、喜んで・・

         女房に話して、まずスッキリしました。

         この機会に、本当に、終らせたいと思います。

 

◆ サイト内での語句、及び、調べたいことは、下記検索をお使い下さい ◆

Google
Web_wing 関連site

    ・JRA中央競馬予想        ・JRA中央競馬 日程表及び詳細結果    ・DVハンフィクション小説

        私信/競馬考            競馬考サブサイト               ひとりでふさぎこまないで・・

    ・今日の献立に困ったら       ・Flash加工写真                 ・競馬ブログA

        教えて!! ルーレット          Display                    私信/競馬考 

    ・最終レース直前予想        ・DVブログ                     ・フィクション小説

        BLOG 私信/競馬考        DV相談で DV防止             天国からの警告 !! 風になって・・

Copyright (C) 2008 by Web_wing